今年も残りわずかとなりました!ってまだそんな話をするには早い?
 2007年をわたくしロミヒーが斬るならば、今年は音楽業界においてよ~く“再結成”“復活”“リユニオン”なんて言葉をよく耳にする年でした。80年代中期から90年代くらいまでにかけて“LAメタル”と呼ばれるHR/HM(ハードロック/ヘビーメタル)ムーヴメントがあったのを覚えてますか? いまあるヴィジュアル系のはしり?のような、ヘア―スプレーで髪を逆立てたり、奇抜な衣装をまとったり、KISSもびっくり!まるで女装!のようなメークなんかをする、だけどメロディアスな心に残るバラードを歌ってチャートにランキングしちゃうバンドがた~くさんいました。あれから月日がたって懐かしい名前が聞こえてきたな~と思ったら本業ではないところの話ばっかり・・・例えば、あの人はいまミュージカルスターとなってブロードウェイの舞台に立っているだとか、はやりのリアリティー番組に出演して四六時中カメラに追われる生活をしていたりだとか、ドラッグのやり過ぎで死んでしまったり、女優のパメラ・アンダーソンの元夫となったもの同士がはちあわせて喧嘩したり、新しいアルバムのリリース情報なんかよりも違う話ばっかり。
0711191 とそんな中、今年の夏“LAメタル”を中心としたHR/HMファンにはたまらない音楽の祭典がオクラホマ州で行われたんです。その名も“ロックラホマ”。この名前を聞いたとき、椅子から転げ落ちそうになりました(笑)。会場はオクラホマミキサー(!?)だけにいつもはカウボーイ、カウガールたちを集めてカントリーミュージックの祭典なんかをやっている場所だそうで、“ロックラホマ”は今回が記念すべき第1回目。0711192 これが実際に行った人の話によると、な~んにも無い、ただっぴろ~い場所にドカ~ンと会場があって、全米中だけでなく世界中からみんなキャンピングカーなどに乗って集まり、寝泊りしながら3日間楽しんでいたんだそうです。80年代を代表する20バンドほどが出演し、1日平均3万人もの観客が、この(何度も言いますが)な~にもない場所に集まって懐かしい、あの頃聴いてた曲に酔いしれていたそうです(子連れで観に来ていた観客もいたとか)・・・20年近くたってもいまだこの人気振り、凄いことだと思いませんか? いい音楽はいつの時代に聴いても色褪せないんですね~。
 実際ロミヒーもチケットを取ろうとしたんですが、指定席はすでにソールドアウト。来年は絶対に行くぞ~と心に決めていたところにナント、嬉しいニュースが“ロックラホマ”以降続々と入ってきたのであります。“2007年夏の思い出”ってなことにはならず、この祭典に出演していた“DOKKEN”が新作に着手しているだとか、アメリカンロックバンドの代表選手ともいえる“VAN HALEN”がギターのエディー・ヴァン・ヘイレン(和製ヴァン・へイレンは顔も似てる野村のよっちゃんというのは常識)の息子、ウルフガングを加えて再結成! 全米ツアーを開始したとか。さらに嬉しことに元祖LAメタルの代表“RATT”と“WINGER”がカップリングで来日決定! などなど。
 その“WINGER”の来日をず~と心待ちにしていたというこちらのコーナーの熱烈な読者の方からある時、熱~い要望が届きまして、なんとキングレコードさまのご協力のもと、ミート&グリート&インタビューをして頂くことが実現しました。次回はそちらの模様をたっぷりお届けします!