Photo_9 90年代の洋楽ロックシーンを代表する人気モンスターバンド「MR.BIG」が、先頃13年ぶりにオリジナルメンバーによる再結成を発表した!
6月の武道館公演のチケットは、驚くことに即日ソールド・アウト!現在もなお絶大な人気を誇るバンドである。
その「MR.BIG」のボーカリストであるエリック・マーティンが、昨年11月、日本の歌姫の名曲を英語詞でカバーしたアルバム『MR.VOCALIST』を発表。10万枚を超える大ヒットとなり、現在もその記録は更新中だとか。そして待望の第2弾『MR.VOCALIST2』が、このほどリリースされました!今回は世界の歌姫たちの名曲をカバー。発売日の今日(3月4日)、5000人の応募のなから抽選で見ごとゴールデンチケットを手にしたラッキーなファン250人を迎え、一夜限りのスペシャル・ライブが行われました!ハスキーボイスで、エモ-ショナルに歌うその歌声は健在で、約1時間、MR.BIGとはまた一味も二味もちがう大人の雰囲気漂う、素敵な時間を満喫することができました。

一週間前に来日し、最新アルバムのプロ-モーション活動の合間をぬって、今夜のためにリハーサルを重ねて来たというエリック。
一体どんなショーを見せてくれるのか?期待を膨らませながら会場へと向かった。
 開演時間の午後7時、カジュアルな黒のジャケットに同じく黒のパンツ、ブラック&ホワイトのスカーフを巻き、全身をシックに決めたエリックが静かに登場した。1曲目は「PRIDE」から。しっとりと歌いはじめ、少しずつ、少しずつ、エリックの歌声が場内に響きわたっていった。
「Brothers! Sisters! ボクノナマエハ、エリック・マーティンデス!アエテウレシイデス!」と第一声は日本語で挨拶。場内からは「かわいい~」の声とともに、大きな拍手が沸き起こった。先日、悲しみのなかこの世を去ったエリックの最愛のお母さん。彼女が大好きだったというシンディ・ローパーの「Time After Time」では、力いっぱい心の底から感情を込めて歌うエリックの姿に、ファンの間から一段と大きな拍手と歓声が上がった。
なんと私の目の前には、エリックの奥様でマネージャーでもあるデニースとデニースの両側にはエリックにそっくりなかわいい双子の男の子、ディランちゃんとジェイコブちゃんが座っていた。パパのお仕事ぶりを背すじをピンと伸ばして一生懸命観ていた。
アップテンポで元気な気分になれるアリシア・キーズの「NO ONE」を、エリックがマーティナイズ(エリック・マーティン風に)して歌い、「みんなステップを踏んで!」と客席にむかって煽ると、それまで静かにエリックの歌声に耳を傾けていたファンが、一斉に総立ちとなり、一瞬にして場内の雰囲気がガラリと変った。
「♪オオオ、オー、オー♪」と客席を巻き込んで大いに盛り上がった。
ママの膝の上に乗った双子の男の子の1人も、脚をブラブラさせながらリズムをとっているようだった。曲の最後には投げキッスをして集まった女性ファンをノックアウトした。
会場からの「Hi!エリック~!」「I LOVE YOU~!」の声に、「チョットマッテクダサイ」と応えると、ポケットからはナント扇子が登場。前列にいたファンに、扇いであげるジェスチャーをして、おどけてみせた(笑)。
「I believe」では、なんとスペシャルゲストが登場。「可愛くって、美しくって、素晴らしいシンガーで・・・」とエリックに大絶賛されて登場したのは、オリジナル曲を歌った絢香だ。美しいストレートのロングヘアーをなびかせて、颯爽と姿を表した絢香の手を、エリックはそっと持ち上げてキスをした。ワンフレーズをエリックが歌い、絢香がバックボーカルを重ね、今度は絢香の歌声にエリックが重なり合い、じっくりと歌い上げる。2人のボーカルは官能的で、ファンをうっとりとさせる響きをもっていた。とここで、エリックファミリーに目をむけると、ママの右側に座っていた男の子はウトウトしはじめ、いまにも眠ってしまいそうだった。
「次の曲『HERO』にはパワフルなメッセ-ジが込められているんだ!」そういって、最前列ど真中にいた男性ファンとハイタッチすると、まるでファンからエネルギーをもらったかのように、力強く歌いはじめた。
本編の最後は、「You’ve Got A Friend」。「みんなのおかげでこの場にいられる。みんなのおかげで、MR.VOCALISTになれた!今夜はとてもいい気分」そう言って、ファンとの再会を喜ぶと、リラックスとしたムードで歌いあげた。

アンコールでは、ブルーのアコースティックギターを肩から下げて登場。いろいろな名曲のリフをちょっとずつ弾きながら、メンバー紹介がはじまった。
一夜限りの今夜のライブは、日本人のプロのミュージシャンによるバンド構成となっており、エリックはメンバーの1人1人に感謝の気持ちを表していた。とここで、聴こえてきたのはなんと!MR.BIGの代表曲「To Be With You」だ。ポール・ギルバート、パット・トーピー、、ビリー・シーンの姿がまるで目に浮かぶような、懐かしさと、再結成という始まりの両方を感じて鳥肌がたった。曲は途中からゴスペル調にアレンジされ、総立ちのなか大合唱と手拍子が繰り広げられ、約1時間のショーは興奮のうちに幕を閉じた。
さっきまでウトウトしていた男の子は、最後には大爆睡!(笑)。かわいい寝顔をこちらに向けていた。

【セット・リスト】
1. PRIDE
2. ハナミズキ
3. Time After Time
4. No One
5. Time Goes By
6. 雪の華
7. I believe (スペシャル・ゲスト 絢香)
8. HERO
9. You’ve Got A Friend

ENCORE:TO BE WITH YOU

1,2,5,6,7は、「MR.VOCALIST」(08/11/26発売)収録
3,4,8,9は、「MR.VOCALIST 2」(09/3/4発売)収録

VOCAL: Eric Martin
Key&Programming: TATOO
Guitar: Toru Meki
BASS: Hiroshi Ueda
Percussion: Tomoyuki Yamada
Drum: Takeshi Hatae
Chorus: Ria,Norishige,Ayako

Page0001_2

『MR.VOCALIST』
【CD】価格¥2,730(税込)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売中

Page0002

『MR.VOCALIST2』
【CD】価格¥2,730(税込)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売中

関連タグ: