レゲエ界のポッチャリ王子改め(!?)“肉厚系”王子ショーン・キングストン登場!

image

 07年、世界の音楽シーンに彗星のごとく現れたレゲエ界のポッチャリ王子ことショーン・キングストン。軽く100キロを越えるその体重から最近では“肉食系”ならぬレゲエ界の“肉厚系”として人気急上昇中(!?)。様々なジャンルを融合させ、新たなPOPアルバムとして発売中の2ndアルバム『TOMORROW』も絶好調だ!

ハンバーガーが大好きで、このたびハンバーガー店と初のコラボーレーションも実現させたショーンに、まずはハンバーガーの形をしたCDケースをプレゼント!すると嬉しそうに受け取ってくれたショーンは、少年の様に目をキラキラさせ、とても喜んでくれました!インタビュー中は、かわいくちょこんと隣に座らせて、すっかり気に入ってくれた様子でした(笑)。

 また、とってもカメラに興味があるようで、撮影をはじめると、「それはどこのカメラ?キャノン?」「マークⅡはいいよね、僕も今探しているカメラがあるんだ」と、プロ顔負けの会話を我々のカメラマンと真剣に交わすショーンの姿もみられました。

image

ショーン ワ~オ!ワ~オ!みんなちょっとこれ見てよ!ハンバーガーの形をしたCDケースだぜ!ドウモアリガトウ!

ロミヒー どういたしまして!一番好きな食べ物はやっぱりハンバーガー?

ショーン うん、ハンバーガーも好きだけど、実は一番好きなのは、ピザ!ドミノピザ最高!

ロミヒー CMの依頼がくるといいですね。

ショーン そんな話がきたら絶対やるよ!

image

ロミヒー 最新アルバム『TOMORROW』とっても良かったです。私の今年のベストアルバムに入るくらい、とても気に入ってます!

ショーン アリガトウ!そう言ってもらえて嬉しいよ。

ロミヒー 曲のできた背景を教えてください。ショーンの生まれ育った環境などが反映されていたりするんでしょうか?

ショーン うちの家族はみんながハッピーな人間で、アルバムを聞いて思わずスウィングしたくなるって言ってくれたよ。幼い頃はボブ・マーリーやアースウィンド&ファイヤーなんかの、フィーリングがあって、とてもリラックスできる音楽を聞いて育ったんだ。

ロミヒー ショーンの過ごしてきた時間ってどんな感じでしたか?ジャマイカやマイアミの気候の様な、「急ぐなよ、のんびり行こうぜって」感じだったのでしょうか?

ショーン もちろんその通り!こどもの頃からクールで控えめで、何があってもリラックスして慌てずに行こうぜって育ったよ。

ロミヒー アルバムジャケットの裏に描かれているグラフィックデザインについて教えてください。

ショーン このグラフィックは、自分の世界をそのままに表現したんだ。アルバムのタイトルも「トゥモロウ」で、直訳すれば「明日」だけど、未来って意味も込めてんだ。未来への希望、次のレベルとかね。それを象徴したものをグラフィックで表現したかったんだ。ランボルギーニ―とか、ジェットコースターとか遊園地、ヨットに自分の未来、ショーン・キングストンの世界をね。3Dのメガネをつけてみると、車が動いて見えたりするんだよ。

ロミヒー ホームページも面白く作られていますね。リル・ショーン(ショーンが作り上げた小さな人形のキャラクター)をみましたよ。

image

ショーン Oh!リル・ショーンだね!! リル・ショーンはね、ホームページ上で着換えさせたり、踊らせたりと遊ばせられるんだ。今じゃリル・ショーンファンがいっぱいいるんだ!Twitterにも、リル・ショーンのフォロワ―がたくさんいるんだよ!

ロミヒー 今回は、ここ日本に連れてきて頂けなくて、残念です(笑)。

ショーン Oh!No!やつも忙しいみたいだね~(笑)。

ロミヒー リル・ショーンもどんどん独り立ちしていくと面白いですね。

ショーン 実は、今彼のために曲を書いているんだ!彼だけの曲をね。

ロミヒー 本当ですか?楽しみにしています。ところでまだ弱冠19歳ながら、『タイム・イズ・マネー』という自身のレコードレーベルに、靴のブランドにと、本業以外にも多方面で活躍され、サクセス街道邁進中ですね。将来的には何にフォーカスしていきたいと考えていますか?

ショーン  アーティストになることが幼い頃からの夢で頑張って来たから、成功したって認められることは凄く嬉しいし、最高の気分だよ。若い若いってみんないうけど、僕にとっては長い道のりだった。本当に音楽だけをやりたいって気持ちが強かったから、アルバイトをして貯めたお金でスタジオを借りたりして頑張って来た。成功したって認められて凄く嬉しいよ。実は将来的には理髪店がやりたいんだ。黒人にとって理髪店って、コミュニケーションの場においてもとても意味のある場所なんだ。そんな次の夢のためにも、今はこの音楽のキャリアを更に築き上げていきたいと思っているよ。

ロミヒー ええ!凄いですね!本当に様々な大きな夢をこのグラフィックの様に、見据えているんですね。

ショーン その通り!

ロミヒー おじいさまがとても有名なプロデューサーであったとのことですが、この世界を良く知る人間がまわりにいたこと、ショーンの音楽活動に協力的だったということも、ショーンにとって良い影響があったんでしょうか?

ショーン その通りだね。僕には凄くいいバックグラウンドがあって、サポートしてれたよ!

ロミヒー ショーンの努力とまわりの協力があって今があるショーンですが、もうひとつ神様が願いごとを叶えてくれるとしたら?

image

ショーン 是非、来年のグラミー賞で、受賞したいね。

ロミヒー 『オーバー』という曲の中にも“グラミー”という歌詞が出てきますもんね。

ショーン 僕の近い未来のネクストゴールだよ!

ロミヒー ちょっとここで下世話な話で恐縮ですが、最新アルバムからの1stシングル『炎のダンスフロア』のビデオの中でつけているネックレス、あれ凄いですね!

ショーン あのネックスレスは、俺のレーベルの名前『タイムイズマネー』ってデザインされているんだ。

ロミヒー おいくら位するものなんでしょうか?

ショーン 7万ドル(約700万)以上するよ!

ロミヒー 驚きです!今日も素敵なアクセサリーをつけてらっしゃいますね。

ショーン アリガトウ~!

ロミヒー では最後にロミヒーサイトを見てくださっている方へ、何か“ポジティブ”なメッセージを頂けますか?

ショーン そうだね、良いことだけを考えて、すべてを流れに身をまかせ、常に前向きに居続けるようにすれば、全てがきっと上手くいくよ!頑張って!

ロミヒー どうも有難うございました。

ショーン サンキュー!アリガトウ!

【撮影:永田理恵(女性自身編集部)】

プロフィル

しょーん・きんぐすとん★‘90年2月3日フロリダ州マイアミ生まれ、ジャマイカ、キングストン育ち。レゲエシンガー、ボブ・マーリ―のプロデューサーでもあるジャック・ルビーを祖父にもつ。ファーストアルバム『ショーン・キングストン』からのシングルで、“スタンド・バイ・ミー”をサンプリングした“ビューティフル・ガールズ”がYOU TUBE上でヒット件数6000万(11月現在)を超え、全米POPチャートでも3週連続1位を記録。レゲエ界期待のシンガー。

 

P6045_l

 

 

『TOMORROW』

2,310円(税込み)

Sony Music Japan International