女優のジェニファー・アニストン(43)が米国時間27日、ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アート(LACMA)のパーティに婚約者のジャスティン・セローと共に出席した。

胸元からお腹部分まで大胆に開いたトム・フォードの黒いドレスに、シンプルなクラッチ。そしていつものナチュラルなヘアスタイル。シンプル&シックなスタイルを得意とするジェンの左手薬指には、ゴージャス&ビッグな婚約指輪が輝いていた。<a href=”http://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/jennifer-aniston-flaunts-cleavage-shows-off-engagement-ring-at-lacma-event-with-justin-theroux-20122810″ target=”blank”>公の場にこの指輪を着けて現れる</a>のは今回が初めて。

このパーティが開催されたLACMAは、奇しくもジェンの元彼、ブラッド・ピット(36)と4月に婚約を発表した<a href=”http://www.usmagazine.com/celebrity-style/news/angelina-jolie-dons-400-blouse-for-engagement-ring-debut-2012164″ target=”blank”>アンジェリーナ・ジョリーが婚約指輪をお披露目した</a>場所。

プラチナ製のバンド部分には合計9カラットのダイアモンドをぐるりと配し、中央に7カラットもの大粒のダイアモンドが鎮座しているという逸品。それもすべて最高級の品質で、ブラッド自身のデザインを元に、アンジーの指に似合うよう最適のカットが施されているという。宝石の専門家によると、50万ドル(約4,000万円)ほどの価値があるのでは、とのこと。

これを知ってか知らずか、ジェンは自身の指輪を見せつけるように他の出席者と歓談したり、写真撮影に応じたり……。パーティの見物人の1人は「彼女の指輪、デカすぎ!」と興奮気味に語ったとか。それもそのはず、中央のダイアモンドはジュエリーデザイナーによると「少なくとも15カラットはある」といい、他のデザイナーも「通常であればこれだけ大粒の石はペンダントに加工されることが多い」と話す。「大きいだけで美しくない」との批評も噴出しているこの指輪、金額にしておよそ50万ドルほどでは、と言われている。これまたアンジーと同額の見積もりだ。

●石の大きさ→ジェン
●デザイン→アンジー
●金額→引き分け

以上のように両者の婚約指輪対決は一勝一敗一分けといったところ。しかし、デザインなどの世間の評判はアンジーに軍配が上がる。ジェンの方には、彼氏を奪われた恨みを石の大きさで圧勝することによって少しでも晴らしたい……そんな執念が透けて見えるような気がするのは穿ち過ぎだろうか。