image

 

先月結婚したばかりのジャスティン・ティンバーレイク&ジェシカ・ビール夫妻が米国時間10日、ハリケーン・サンディの被害に遭ったニューヨーク・クイーンズをサプライズ訪問した。
同地区は被災後2週間が経過した今も電力が復旧しておらず、住民は不自由な生活を強いられている。2人は食料や日用品がぎっしり詰まったバックパックや毛布を被災者に手渡しながら、約4時間あまりをボランティア活動に費やした。
甚大な災害が起こると有名人が寄付をしたり、支援活動を行ったりするのはどこの国も同じだ。2日にビリー・ジョエルの呼びかけで開催されたチャリティライブにはブルース・スプリングスティーンやメアリー・J・ブライジが参加。NBCによる生放送を通じて募金が呼びかけられ、一晩で2,300万ドル(約18億円)もの義援金が集まったという。つい先日にはレディー・ガガが100万ドル(約8千万円)を寄付したほか、被災者のために未発表曲を公表した。