image
Darren Decker / (C)A.M.P.A.S.

 

米男性向け情報サイト「AskMen」が毎年実施している「<a href=”http://www.askmen.com/specials/2013_top_99/” target=”blank”>最も魅力的な女性(Most Desirable Woman)</a>」を決める読者投票で、今年は女優のジェニファー・ローレンスがトップに選ばれた。

 

Most Desirable Womanは外見のみにとどまらず、才能や頭の良さ、母や妻としての資質などから「女性としての魅力」を持つ99人の女性を包括的に判断しリストアップ。読者投票によりランク付けする人気企画。

 

ローレンスはケンタッキー生まれの22歳。幼少時から女優を志し、14歳のときにテレビドラマの端役でデビュー。高い評価を得た『ウィンターズ・ボーン』(2010)ではアカデミー主演女優賞にノミネートされ、今年公開された話題作『ハンガー・ゲーム』で、売れっ子女優の座を不動のものとした。最新作『世界にひとつのプレイブック』(日本公開は2013年2月22日)では性欲にとりつかれた未亡人ティファニー役を好演している。

 

この結果について、AskMenの編集長は「全体的に見て、他の俳優と比べると彼女には”本物”が感じられる。そして過去4年間、ゴシップとは無縁。それが読者に新鮮な印象を与えたのでしょう」とコメント。

 

2位はEsquire誌で「最もセクシーな女性」に選出されたミラ・クニス、3位はモデルのケイト・アプトン、その後はリアーナ、エマ・ストーン、ミランダ・カー、クリステン・スチュワートらビッグネームが続く。
 

 

注目したいのは女優、モデル以外で10位に食い込んだオーストラリアのハードル選手のミシェル・ジェネケ(19)。大会でスタート前に見せたかわいらしいダンスが話題となり、YouTubeにアップされた動画の再生回数はそろそろ2,000万回に届きそうな勢いだ。

 

 

第一子懐妊が明かとなった英国キャサリン妃も25位に。『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役を演じ、今ではすっかり大人の魅力をふりまくようになったエマ・ワトソンは29位。

 

昨年8位のキム・カーダシアンは98位と大幅に転落。あの過剰なセックスアピールはもう飽きられてしまったのだろうか。