『グレイズ・アナトミー』のパトリック・デンプシー、破産した米タリーズコーヒー買収に名乗り

人気テレビドラマシリーズ『グレイズ・アナトミー』でDr.デレク・シェパードを演じるパトリック・デンプシーが、コーヒーショップチェーン「タリーズコーヒー( Tully’s Coffee)」の買収に意欲を見せていることがわかった。 米国時間26日に<a href=”http://www.latimes.com/business/money/la-fi-mo-patrick-dempsey-tullys-20121226,0,7206815.story” target=”blank”>Los Angeles Times</a>が報じた。

タリーズは10月、資金繰りが悪化したことから連邦倒産法第11章に基づいて破産を申請。それ以降は採算性のない店舗を次々と閉鎖し、経費の削減に努めている。タリーズが拠点を置くシアトルは、『グレイズ・アナトミー』の舞台でもある。デンプシーはシアトルの雇用数をキープするため入札に踏み切ったとか。「多くの雇用を守る機会を得られて興奮しているよ。シアトルに恩返しが出来るし、経済成長に一役買える」と意気揚々だ。

しかし、タリーズを狙っているのはデンプシーだけではない。12月初旬には、同じくシアトルに本拠地を置くコーヒーチェーン「<a href=”http://baristastv.com/” target=”blank”>Baristas Cofee Company</a>」が1,040万ドル(約8億9千万円)で買収交渉を持ちかけている。Baristasは、セクシーな女性バリスタがコーヒーを入れてくれる”セクスプレッソ”をウリにしていることから、「コーヒー界のフーターズ」とも呼ばれている。同社CEOのバリー・ヘンソンは「もし、タリーズ買収に成功したとしても、そのイメージを変えるようなことはしない。タリーズはシアトルのアイコンだからね。タリーズはタリーズのまま、だ」と、”セクスプレッソ”に宗旨替えを強いることはないと強調している。競売は来年1月3日に行われる。

image

Matt Petit / (C)A.M.P.A.S.

Forbes誌の「テレビで最も稼いでいる俳優」ランキングでは約9億6,000万円で8位に入ったパトリック・デンプシー(写真中央)