image

(C)2013 E! Entertainment Television, LLC. A Division of NBCUniversal.

 

今年のアカデミー賞授賞式でホストを務めたセス・マクファーレンが、昨年9月より交際していたイギリス人女優エミリア・クラークと破局したことがわかったと<a href=”http://www.eonline.com/news/399162/seth-macfarlane-splits-from-game-of-thrones-girlfriend-emilia-clarke” target=”blank”>E! </a>が報じている

 

クラークは中世のファンタジー世界を描き人気を博しているTVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にテナーリス・ターガリエン役で出演している。『ゲーム〜』のロケは主にヨーロッパで行われるため、カリフォルニアを拠点としているマクファーレンと物理的な距離が生じてしまったことが別離の原因だという。

 

実際に、監督・脚本・制作を一手に担った『テッド』が全世界的なヒット作となったマクファーレンは、ハリウッドで次回作の準備に大忙し。クラークも『ゲーム〜』の第3シーズンのプレミア放送が今月末に控えている上に、ブロードウェイで上演する舞台『ティファニーで朝食を』の稽古で多忙を極めている。

 

2人に近い関係者は「遠距離のまま関係を続けることが難しかったようですが、2人はこれからもよい友人でいるそうですよ」と語る。

 

セス・マクファーレンといえば、2月のアカデミー賞授賞式での司会が酷評されたことが記憶に新しい。特に、映画の中でヌードになった女優を次々と名指しして「きみのおっぱい見たよ」と高らかに歌い上げた「We Saw Your Boobs Song」はジョークの域を通り越していた。名前を出されたナオミ・ワッツやシャーリーズ・セロンはあからさまに顔をしかめ、軽蔑と不快感を隠そうともしなかった。プレゼンターを務めた大御所、ジェーン・フォンダも「女優の胸を見たという歌とダンスはとても気分が悪かった」と後日、Daily Mail紙の取材に話している。

 

このパフォーマンスで一部の女性を敵に回したマクファーレン。次のお相手はすぐに見つかるだろうか。