image

NEW YORK POST

米国時間7日、マライア・キャリーがニューヨークの病院へ搬送されていたことがわかった。NEW YORK POSTが報じている。

キャリーはリミックス版「#Beautiful」のミュージックビデオの撮影中に肩を脱臼、アッパーイーストサイドの病院へ運ばれ、緊急処置を受けたという。ちなみにこのビデオを監督していたのは彼女の夫であるニック・キャノンだった。

代理人は「彼女は元気です。今は自宅で療養しています」とコメント。今週末にはセントラルパークで開催されるMLBのチャリティコンサートでニューヨーク・フィルハーモニックと共演する予定があるため、今は大事を取って回復に努めているようだ。ハリケーン・サンディの犠牲者のために行われるこのイベントに、「彼女は出席するでしょうが、たぶん腕は吊っていると思います」と関係者は語っている。

キャリーのニューアルバムは7月23日にリリースされる。