image

TMZ

 

オクラホマシティ・サンダー所属のNBA選手ケンドリック・パーキンス(28)が女性の顔を殴ったとして米国時間10日に逮捕された。TMZが伝えている。

 

事件が起こったのは7月のこと。パーキンスとその義理の兄弟クインシー・アルポウはテキサス州ハリス郡にあるナイトクラブにいた。その時、ミケッタ・コットンという名の一般女性が停めていた車に、アルポウの従姉妹が追突。車から降りてきたこの従姉妹は謝罪するどころかコットンに言いがかりをつけて口論になったという。そこにすかさずアルポウが割って入り、コットンを突き飛ばして怒鳴りつけた。そして208cmの巨軀を誇るパーキンスも飛び入り参加、コットンの兄の頭を殴り、さらにコットンの顔にまで拳をめり込ませたとか。第三者の証言によると、アルポウがコットンのノドに肘を入れて気絶までさせたという。

 

通報を受けて急行した警官は、暴行の容疑でパーキンスを現行犯逮捕した。パーキンスは保釈金1,000ドルを払って即日釈放されている。

関連タグ: