image

GLAMOUR

テキサス大学とカリフォルニア大学の共同研究によると、男性も女性もセックスに関して後悔していることはあるものの、その理由は男女で大きく異なることがわかったという。GLAMOURがレポートしている。

男性の後悔する理由のTOP3はいずれも「しなかったこと」を悔やんでいるものだった。

1位:怖じ気づいてしまってあと一歩踏み出せず、チャンスを棒に振った
2位:若い時にもっといろいろと性的な冒険をしておけばよかった
3位:結婚前にもっとたくさんの経験をしておけばよかった

一方、女性はというと「してしまったこと」を悔やむ傾向にあるようだ。

1位:どうでもいい人に処女を捧げてしまった
2位:今誰かをだましている、または過去にだましてしまった
3位:あまりにも早く性を経験してしまった

女性にとっては気軽なセックスが後悔の念を生みやすい、と研究者は結論づけている。