image

Radar Online

『ワイルド・スピード』のポール・ウォーカーが、自動車事故によって非業の死を遂げてから20日が過ぎた。事故の原因はスピードの出し過ぎであることがわかり、のこされた人々はやりきれない悲しみに暮れている。そんな折、事故現場で撮影した遺体の写真を売りだそうとする人物が現れたという信じられないニュースをGlobe誌が報じている。

「この写真は、本当にひどいものですよ。火が消された後のポルシェの内部が写っているんですが、ひどく焼かれた2人の遺体が確認できます。服もすべて焼き尽くされて布の一片も残っていませんでした」と、実際にこの写真を見た関係者は語っている。

遺体は14日、親しい人々に見守られながらロサンゼルスのForest Lawn Memorial Parkに埋葬された。今は家族や友人、映画関係者などが皆、この突然襲ってきた悲劇を乗り越えようと歯を食いしばっている時期だろう。しかし、もしこのような写真がネット上に出回れば、遺族の目に触れる機会がないとは言えない。情報提供者と報道する側、双方のモラルが問われる問題だ。