image

Yahoo! Health

トレーシー・アンダーソンといえば、グウィネス・パルトロウをはじめとしたセレブリティのパーソナルトレーナーを務め、日本でもエクササイズDVDを大ヒットさせているカリスマトレーナーだ。そんな彼女が雑誌「Red Book」で、回転する動きで体をひねり、筋肉をつけると謳っているエクササイズマシンの危険性について語っている。

「回転は短期的にカロリーを消費するかもしれませんが、それしか運動を行っていないのであれば、かえって太ももを太くしてしまうんです。6カ月間、回転運動を続けてきた女性を複数知っていますが、いつまでも彼女たちのジーンズのサイズが小さくならないのはなぜだと思います?」

これは単純に「太る」ということではなく、筋肉がアンバランスに発達してしまうことに起因するという。回転運動は太ももと臀部の筋肉を肥大させ、継続することによってどっしりとした下半身になってしまうのだとか。

しかし、45分間で約500kcalを消費する回転運動は、他のウェイトトレーニングや、有酸素運動を組み合わせれば、体重管理のためには打ってつけのエクササイズになる。年末年始のご馳走三昧でたるんでしまった体を引き締めるには今が適期。買ってはみたものの今となっては部屋の隅でホコリまみれ……そんなマシンを引っ張り出して早速今日から運動してみてはいかが?