ドイツのミュンヘンで公共の場で全裸になることが合法化された。ドイツ南部に位置する同市が、市内にある6か所にある指定地域で全裸になることを許可することを宣言し、裸体主義者たちが逮捕されることを心配せずに歩き回れるようになった。

 

この指定地域はある程度のプライバシーが保たれているものの、一般の公共の場から隠れているわけでもフェンスで隔たれているわけでもなく、一般の公園内に設置されており、そのうちの1つは同市のメインとされる広場からわずか徒歩10分の場所にあるという。

 

ドイツで3番目に大きな都市であるミュンヘンは、公共の場における全裸を規制する以前の法律が期限切れになったことを受けて今回の「アーバン・ネイキッド・ゾーン」を取り入れることにしたという。