image

in Touch

女性ラッパーのリル・キム(39)が、米国時間9日に第一子となる女の子を出産した。2,863グラム、49.5センチで誕生した元気な赤ちゃんに、リル・キムは「Royal Reign」と名付けた。

 

Royalとは、形容詞では「国王の」「王室の」、名詞では「王族」を意味する。そしてReignは「君臨」「統治」。つまり「女王君臨」だ。in Touchは、「ジョージ王子、あなたにぴったりのお姫様が見つかりましたよ!」と揶揄しているが、読者からは意外にも好評だ。

 

「この名前、私は本当に好き。かわいいもの」

「おめでとうキム、そしてお姫様。他のユニークな名前ほど悪くはないよ」

「かわいい名前じゃない。っていうか、リル・キムの顔はどうしちゃったの?」

「どうしてここまで整形しちゃったんだろうね。前の方がよっぽどキレイだったのに」

「おめでとう。でも、このベビーは母親には似ないだろうな」

「なんか……エレファントマンみたい」

 

リル・キムの相貌が変わりすぎるあまり、名付けセンスのユニークさが霞んでしまっているようだ。もっとも、Twitterでは「素晴らしいストリッパーネームだ。グッジョブ」「なんでセレブって普通の名前が付けられないんだろうね」といったような批判も多く見られる。

 

子供の父親については明言されていないが、ラッパーのMr.ペーパーズが父親であると名乗りを上げている。