image

CNN Money

 

ウォルト・ディズニーが生前、南カリフォルニアに所有していた豪邸が売りに出されている。その額は驚きの7,400万ドル(約75億5千万円)。評価額は9,000万ドル(約91億8千万円)であったが、若干ディスカウントされた。

 

ロサンゼルスのキャロルウッドドライブに建てられたこの家の入り口では、まずミッキーマウスの耳をモチーフとした鉄製の門が来訪者を迎える。中には8のベッドルーム、17のバスルームに加え、ワインセラー、図書室、トレーニングジム、ムービーシアター、そして不法侵入者から身を守るためのセーフルームが2部屋。さらにセレブリティの家には付きもののプールはもちろん、テニスコートやゴルフのグリーンもあり、総面積は17,401平米、坪数に換算すると5,263坪にも上る。平均的な2階建ての家がおよそ35坪であることを考えると146戸分に相当する。これはちょっとしたニュータウンクラスの広さだ。

 

特筆すべきは、ウォルト・ディズニーが敷地内に走らせていたという、蒸気機関車を模したミニチュア列車だ。「Carolwood Pacific Railroad」と呼ばれていたこの列車は、ディズニーランドを作る際のインスピレーションとなったとか。90年代、当時の所有者により家は修繕されたが、列車が走っていたトンネルなどはほぼ当時のまま保存されている。

 

この家の売買は、世界各国のラグジュアリーな物件のみを扱う不動産ブローカー、ジ・エージェンシーとコールドバンカーの2社が取り扱っている。担当者は、「ご購入される方は、この家の歴史を愛する方でしょうね」と語る。

 

ちなみにこの場所は、マイケル・ジャクソンが最期を迎えた家からも至近。ウォルト・ディズニーは1949年にこの物件を購入し、肺がんでこの世を去った1966年まで住み続けた。

関連タグ: