image

Mail Online/YouTube

かつてはショウビズ界を代表するおしどり夫婦として知られていたロビン・シックとポーラ・パットンの離婚が成立した。TMZが伝えている。

 

2人は10代の頃から長年にわたって交際を続け、2005年に結婚。息子も誕生し、幸せな家庭を築いていた。しかし、昨年リリースした「ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ」の大ヒットで、シックを取り巻く環境が一変する。具体的な行為については語られていないが、今夏には「僕は変わってしまった。わがままで自己中心的だった」と当時の自分を振り返るコメントを出している。恐らくは不貞行為も含まれているのだろう。パットンはそんな夫に早々に見切りをつけ8カ月前に別居を敢行、そして離婚を言い渡したのだ。

 

その後のシックは頭を丸め、事あるごとに妻への愛と謝罪の気持ちを語り、復縁を訴え続けた。「Get Her Back(彼女を取り戻すぜ)」というタイトルの歌まで作ったが、その熱意はついに届くことはなかった。米国時間8日、「私たちは互いを愛し、親友同士ではありますが、今は別れることを決めました」と共同声明を発表、2人の婚姻は終結した。

 

4歳になる息子ジュリアンについては、両親双方が共同親権を持つ見込みだ。

 

関連タグ: