image
(C)Instagram

昨年の最低映画を表彰するゴールデン・ラズベリー賞で見事4冠に輝いてしまったキャメロン・ディアス(42)だが、新婚の今においてはそんな不評など恐らくどこ吹く風だろう。ロックバンド「グッド・シャーロット」のフロントマンで夫のベンジー・マッデン(35)が2人の愛情の深さを誇示する写真をInstagramでシェアした。

 

それは胸に「Cameron」と大書したタトゥーの写真。元々全身にタトゥーが入っているため、喉のすぐ下部分に上書きする形で妻の名前を彫っている。「キミのことを考えているよ(ハート×3)」と妻への愛をこれでもかを見せつけた形だが、コメント欄には辛辣な言葉が殺到している。

 

「うわ、クソだな」

「はーやーすーぎーるー」

「こいつバカだな。ハハハ」

「そういうことはしないほうが……」

 

中には「ステキ!」という声もわずかながら散見されるが、結婚後わずか2カ月弱で妻の名前を体に刻むという前のめりな行為にファンも引き気味だ。