image

The Wrap

米国時間22日、作曲家のジェームズ・ホーナー(61)が所有する飛行機がカリフォルニア州サンタバーバラで墜落したとCBS 2が報じた。

 

通報を受けて急行した消防士は、現場でバラバラになった機体を発見。飛行機は墜落の際に炎上し、周囲約400平方メートルを焼いたという。墜落機を操縦していたと見られる一人の遺体が見つかったが、損傷が激しく身元は特定できていない。

 

墜落機は二人乗りのS312 Tucano MK1という機種で、離陸時にコクピットには一人しか乗っていなかったという。このパイロットがホーナーである可能性は高く、現在事故の原因と合わせて調査が進められている。

 

複数の米メディアがホーナーの所属事務所へ取材を試みているが、現在までにコメントは得られていない。

 

ホーナーは1997年公開の映画『タイタニック』の劇中音楽を担当し、セリーヌ・ディオンが歌った「My Heart Will Go On」でアカデミー歌曲賞を受賞。この他にも『コマンドー』や、『エイリアン2』、『フィールド・オブ・ドリームス』『ブレイブハート』『ビューティフル・マインド』『アバター』といった大作の音楽を手がけており、ハリウッドを代表する作曲家の一人だ。プライベートでは、ハリソン・フォードと並ぶレクリエーションパイロットとして知られている。