image

ここに親子5人の微笑ましい姿を捉えた1枚の写真がある。両親は目は大きく鼻筋も通った美形だが、子供3人はどちらに似ても似つかない……インターネット上では非常に有名な写真であるため、目にしたことがある方も多いのではないだろうか。

 

これは台湾にある美容外科の広告写真だ。「あなたが唯一心配しなければならないことは、子供たちにどう説明するかどうかだ」と文字が入れられている。整形手術で外見を美しく変えることは出来ても、遺伝子は変わらないというメッセージが込められているのだろう。母親役を務めたモデルのハイディ・イエは、この広告写真の仕事で人生とキャリアが潰されたとBBCの取材に対して語っている。

 

「私が整形をしたことがないと、誰も信じてくれなくなりました。クライアントは必ず、君はあの写真の女性なのかと尋ねるのです。この写真が出回った後、私がもらった仕事は小さな広告一つきりです」

 

契約書によるとこの写真は「印刷媒体においてのみ、特定のクリニックが独占して使用する」ということが明記されている。しかし、イエは広告代理店JWTが別のクリニックの宣伝にも使用したと主張する。人目に触れる機会が増えた結果、写真はインターネットにアップロードされ、イエの意志に反して全世界に広まってしまったのだ。

 

「みんな、この写真が真実だと思っているんです。私の当時の恋人でさえ、整形なのかと訊いてきました。もうモデルでいたくない。見られたくないんです」

 

イエは前述のJWTと、契約を交わしてないにも関わらず写真を使用したクリニックを相手取り訴訟を起こすことを考えているという。しかし、JWT側も写真の著作権を所有していることを主張しており、謝罪を要求してイエを告訴する予定であるとか。「インターネットは誰にも制御できません。写真がどれだけの人が見て、どれほどの影響を及ぼすか、そしてどう使われるのかなど予想もつかないことなのです」と、JWTはBBCに対してコメントしている。

関連タグ: