image

The Economist

英エコノミスト紙の調査部門「インテリジェンス・ユニット」が「The Safe Cities Index 2015」を発表した。2015年時点において、50の大都市を4つのカテゴリーごとに細かく分析し、ランク付けしたもの。総合ランキングも合わせて公表された。本稿では総合上位10都市、及び下位5都市を紹介する。

4つのカテゴリは以下のとおり。

●デジタル・セキュリティ(以下デジタル)……サイバーセキュリティチームの質、個人情報流出の頻度など
●ヘルス・セキュリティ(以下ヘルス)……人口に対する病床数の割合、寿命など
●インフラストラクチャー・セイフティ(以下インフラ)……道路整備状況、災害による死者数など
●パーソナル・セイフティ(以下パーソナル)……犯罪発生率、警察出動数など

1位 東京(日本)
2位 シンガポール(シンガポール共和国)
3位 大阪(日本)
4位 ストックホルム(スウェーデン)
5位 アムステルダム(オランダ)
6位 シドニー(オーストラリア)
7位 チューリッヒ(スイス)
8位 トロント(カナダ)
9位 メルボルン(オーストラリア)
10位 ニューヨーク(アメリカ合衆国)

46位 リヤド(サウジアラビア)
47位 ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国)
48位 ホー・チ・ミン(ベトナム)
49位 テヘラン(イラン)
50位 ジャカルタ(インドネシア)

1位は100点中85.63の高得点を獲得した東京。技術資産の流出を防ぐ強固なセキュリティが評価された。パーソナル、インフラにおいても上位5位にランクインしている。

反対に、最も危険とされた都市はインドネシアの首都ジャカルタだった。デジタル、インフラ共にほぼ最下位。医師の数も全く足りておらずヘルスは44位、暴力犯罪も頻発していることからパーソナルでも45位に留まった。

パーソナルだけを見ると、総合2位のシンガポールは、パーソナルでは首位。大阪も2位で、3位の東京を上回っている。

所得ランキングでは、5万米ドル以上の「ハイ・インカム」部門の1位もシンガポールだった。リヤドは安全性では46位と低いが、原油輸出国であるためか、この高所得者ランキングでは11位に入っている。3万~5万米ドルの「アッパーミドル・インカム」では、東京と大阪が1位と2位を占めた。