image

Mark Ruffalo/Twitter

 

豪雪のニューヨークでちょっとした奇跡が起こった。

23日午後、俳優のマーク・ラファロが、ニューヨーク市内の路上で財布と携帯電話を落としてしまったとTwitterに書き込んだ。

「財布には免許証が入っているんだ。(届けてくれた人には)御礼とサイン入り写真を約束するよ」と、約210万人のフォロワーに協力を要請すると、当該ポストは即時に拡散され、「iPhoneなら『iPhoneを見つける』で探せますよ」「遠隔操作でロックしたほうがいいのでは?」といったアドバイスが多数寄せられた。しかし、そのわずか3時間後、「なんてこった!見つかったよ!信じられない速さだ。手を貸してくれたみんな、どうもありがとう」とスピード解決したことを報告した。

ラファロのウォレットケースを発見したのはピーター・ブラウンさんと、その2人の娘。携帯電話のロックを解除することはできなかったが、送られてきたメールのおかげでラファロのマネージャーに連絡が付き、無事に財布と携帯電話は持ち主の元に届けられた。

ラファロはブラウンさんの娘たちと写真を撮ってサインをし、さらに御礼として100ドルを渡したという。

関連タグ: