image

TODAY

 

2014年に亡くなったロビン・ウィリアムズがカリフォルニア・ナパバレーに所有していた豪邸にようやく買い手が付いたと、米国の複数のメディアが伝えている。

生前、ウィリアムズが「Villa Sorriso(イタリア語で「微笑みの家」)」と呼んでいたこの邸宅は2003年に建てられた。敷地面積はブドウ畑を合わせて約2.6平方キロメートル。5つの居室と10のバスルーム、さらにセキュリティ万全のセーフルームを3部屋も備えており、ホームシアターやインフィニティプール、ハイキングと乗馬のためのコース、ワインや美術品を保管するためのセラーまで揃った、まさに夢の豪邸だ。

ウィリアムズは2012年に、この家を3500万ドル(約41億円)を値を付けて売りに出したが、なかなか商談がまとまらず、少しずつ何度も値を下げていった。そしておよそ4年の歳月を費やし、ついに買い手が現れたのだ。しかし、買い取り価格は1810万ドル(約21億4,000万円)と、最初の売り出し価格のおよそ半額にまで下がってしまっていた。

購入者はシャトー・ポンテ・カネのフランス人ワイン醸造業者2人で、 The Wall Street Journalによると、代金はキャッシュで支払われたという。