image

Politico

 

米大統領選で民主党の候補者指名をめぐり、バーニー・サンダース上院議員とデッドヒートを繰り広げているヒラリー・クリントン前国務長官。タクシー配車サービス「Uber」に多額の投資をしたことで知られるベンチャーキャピタリスト、シャーヴィン・ピシュヴァーは、4月15日に彼女の選挙資金を集めるディナーパーティーを主催する。

このパーティにはクリントン、そして支持者であるジョージ・クルーニー夫妻が出席する。政治ニュースサイトPoliticoによると、この3人とテーブルを囲むことのできるスペシャルシートに座るには、2人で35万3,400ドル(約4千万円)の献金をしなければならないという。

その翌日には、クルーニーがロサンゼルスの自邸でパーティーを行う。クルーニー夫妻と同席できるチケットの代金は1人33,400ドル(約378万円)。前述のケースよりは遥かに低く抑えられているが、おいそれと支払える金額ではない。大統領選は、とにかく金のかかる戦いなのだ。