image
収監前の2009年に撮られた父子のツーショット
写真:AP/アフロ

マイケル・ダグラス(71)の息子キャメロン・ダグラスが(37)、刑務所からおよそ7年ぶりに釈放された。

 

2010年、キャメロンはヘロインの所持とメタンフェタミンの販売で有罪判決を受け、5年の刑を宣告された。しかし、服役中にドラッグを刑務所内に持ち込んだことが発覚し、刑期を延長されていた。2018年に釈放される予定だったが、期日が早められ、現在はニューヨーク・ブルックリンの社会復帰訓練所に移されているという。

 

キャメロンは、マイケルと前妻ディアンドラの間に生まれた息子で、現在の妻キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(46)にとっては継子となる。

 

この日を、父マイケルはどれほど待ち望んでいたことだろう。2013年のエミー賞授賞式では、刑務所での面会を禁じられていることを明かし、「息子に会わせてほしい」と涙ながらに訴えていた。有名人の息子であることに加え、司法取引で他のドラッグディーラーにとって不利な証言をしたことでキャメロンは囚人から標的にされ、幾度も暴力を受けていた。

 

その後、面会を許されるようになり、月に2回の頻度で息子の元へ足を運んでいたという。