image
TVNZ

ニュージーランド・オークランドに住むサラ・パテルは、世界一勇敢な6歳児かもしれない。

 

5日、彼女の父が営む小さな電化製品店に武装した6人の強盗が押し入った。そのうちの1人が手斧を振り上げ、従業員に襲いかかろうとした瞬間、小さな人影が飛び出した。店主の娘、サラが彼の危機を救おうと果敢にも強盗につかみかかったのだ。予想外の出来事に強盗は一瞬ひるんだ様子を見せた。「逃げろ」とでも言われたのだろうか。サラは店の奥に駆け戻って行ったが、すぐに別の従業員を外に逃がそうと先導して来た。

 

一連の出来事は店の監視カメラがすべて記録しており、強盗が逃げ出した後に映像を確認した店主は、娘の勇敢な行動に驚いたという。ローカルテレビ局TVNZのインタビューに応じたパテル氏は、「非常に衝撃的な事件で、しばらくこの子もショックを受けていたようでしたが、素晴らしい働きをしてくれたと思います。本当に勇敢でした。娘を誇りに思います」とコメントした。

 

強盗集団は盗んだ車に盗品を積んで逃走した。間もなく5人が逮捕されたが、全員が16歳の少年であったという。1人は依然逃亡中だ。5人は加重強盗、傷害の容疑がかけられており、運転手役の犯人はこれに加えて危険運転でも起訴されることになる。