image

警察発表のプレスリリースに掲載されたシェイラ・ルドルフの顔写真
Reynoldsburg Division of Police

 

コンビニでおでんをつついたり、缶チューハイにいたずらしたり……そんな眉を顰める行動をライブ配信して問題となるケースが続発している。米国では行きすぎた体罰を加える様子を配信した母親が逮捕された。

 

米オハイオ州のシェイラ・ルドルフ(18)は2歳になる息子を壁に梱包用のテープで貼り付け、泣きわめく我が子を尻目に部屋を片付ける一部始終をFacebookでライブ配信した。ビデオの中でルドルフは「あんたには世界一のママがいるんだよ」とうそぶき、視聴者に向けて「親は子どもを大声で叱る必要なんてない。テープで壁に貼り付ければいいだけなのよ」と独自の“育児論”を展開。

 

子どもは最初、頭と腕と、足首をそれぞれ壁に固定されていたが、配信中に泣き声がうるさいと口までテープで塞がれてしまっている。「今度また掃除しようと思ったときにあんたが走り回っていたら、またテープで貼り付けるよ」と脅しつける場面も見られる。

 

地元警察が発表したプレスリリースによると、ルドルフは19日朝、第3級重罪にあたる誘拐の容疑で逮捕され、子どもはフランクリン郡の児童福祉局によって保護されたという。