image

 

空港で預けた手荷物が破損したり、行方不明になってしまったり……旅行の楽しい思い出がことごとくネガティブな記憶で上書きされてしまう絶望的なシチュエーションだ。そんな状況に追い込まれないためには自衛手段を講じるしかない。信頼できる航空会社を選ぶのだ。

 

マイルやポイントを使ってお手頃な旅を提供する旅行会社Reward Expressが、2013年10月から2016年9月までの約3年間、米国の13の航空会社で手荷物の輸送にミスがあった件数を集計し、ランキング形式で発表した。

 

最も手荷物の取り扱いに信頼が置けるという結果となったのは、ヴァージン・アトランティック航空だった。ミスが認められたケースは、全手荷物数のわずか0.09%(1万個に9個)に留まっている。次点は格安航空会社のジェットブルーで0.18%、僅差で0.21%のデルタ航空がランクインした。

 

ワースト1位は、ワン・ワールドにも加盟しているエンヴォイ・エアの0.79%。手荷物の125個に1個が何らかの被害を受けている計算だ。

 

全ランキングは以下のとおり。航空会社選びの指標にしていただきたい。

 

1位 ヴァージン・アトランティック航空 0.09%
2位 ジェットブルー航空 0.18%
3位 デルタ航空 0.21%
4位 スピリット航空 0.23%
5位 ハワイアン航空 0.24
6位 フロンティア航空 0.25%
7位 アラスカ航空 0.26%
8位 ユナイテッド航空 0.32%
9位 サウスウエスト航空 0.35%
10位 アメリカン航空 0.36%
11位 スカイウエスト航空 0.41%
12位 エクスプレスジェット航空 0.5%
13位 エンヴォイ・エア 0.79%