image

Facebook@Brandi Benner

 

人種“差別”をしているつもりはなくとも、無意識のうちに“区別”してしまっていることに気づかされる瞬間がある。米サウスカロライナ州に住むブランディ・ブレナーさんがFacebookに投稿したエピソードを紹介したい。

 

ブレナーさんの2歳になる娘ソフィアは、新しい人形を買ってもらえることになり、喜び勇んで母親とオモチャ屋を訪れた。欲しかった人形を抱えてレジに持っていくと、店員が予想もしなかった質問を投げかけてきたという。

 

「あなた、これからお誕生日パーティーに行くの?」

 

意味不明な問いかけに呆気にとられながらも、ブレナーさんはトイレトレーニングが成功したごほうびに人形を買ってあげるのだということを説明した。

 

店員はいぶかしみながら、「これはあなたが本当に欲しい人形なの?」とさらに問い詰める。「そうです! ください!」と答えるソフィアに対し、店員はこう続けた。

 

「でも、この子はあなたに似ていないじゃない。もっとあなたらしい人形が他にもたくさんあるわよ」

 

ソフィアが買おうとしていたのは医者の格好をした黒人の人形だったのだ。この店員は白人の女の子は自分と同じ白人の人形を買うものだ、という先入観にとらわれていたようだ。ブレナーさんは言葉に詰まってしまったが、ソフィアが見事に反論してみせた。

 

「うん、そうよ。私もお医者さんだし、この子もお医者さん。私はかわいい女の子で、この子もかわいい女の子。この子の髪かわいいでしょ? ね、ほら聴診器も」

 

お医者さんごっこが好きなソフィアは、白衣を着ているからこそこの人形を選んだのだ。

 

ブレナーさんは地元ニュースの取材に対し、「私はソフィアに、人は肌の色の違いなど全く気にせず生まれてくるものだと気づかされました。肌の色は、髪や目と同じようにみな違っていて、その色合いはすべて美しいものなのです」と語っている。

 

ブレナーさんの投稿は18万回以上もシェアされ、「本当にそのとおりよね。私の娘もお気に入りの人形を選んだわ」と黒人の女の子が白い肌の赤ちゃんの人形をかわいがっている写真も寄せられている。