image

Facebook@Senator Shelley Hughes

 

米アラスカ州で、11歳の男の子が家族の命を救った。

 

先週、エリオット・クラークくん(11)とその3人の家族は、3匹の犬を連れ、アラスカ州チチャゴフ島の国勢調査指定地域であるゲーム・クリークの森の中を歩いていた。4人が一列に並び、エリオットくんは3番目にいたという。

 

すると突如一頭のヒグマが現れ、先頭にいたエリオットくんの叔父に襲いかかった。ヒグマの動きは非常に素早く、叔父は肩に担いでいたライフルを構えることもできずあっと言う間にヒグマに組み敷かれてしまった。次の瞬間、エリオットくんは自分のポンプアクション・ショットガンをヒグマに向け、装填されていたバードショットを放った。エリオットくんの父親は地元紙の取材に、当時の様子をこう振り返っている。

 

「最初のショットは肩をかすめただけでしたが、二発目はクマの鼻に命中しました。弾は首に貫通し、クマはこの一撃で絶命したんです。吊り紐を肩にかけず、手にライフルを持っていたからこその早業が、我々を救ったんです」

 

アラスカ州のシェリー・ヒューズ上院議員は、エリオットくん一家の写真をシェアし、わずか11歳の英雄の勇敢さを称えた。

関連タグ: