image

(写真:Nkumbiさんの友人のInstagramより)

 

民泊マッチングサービス「Airbnb」が世界的に人気だが、ユーザーが増えればトラブルの数もそれに比例するのは自明の理。ゲストがホストによって階段から突き落とされるというショッキングな動画がInstagramで公開され、耳目を集めている。

 

この動画に映っているのは、映画製作を学ぶために、故郷の南アフリカを離れてヨーロッパに住んでいるSibalhe Nkumbiさん。先週末、友人のアートエキシビションを見るためにAirbnbで探したアムステルダムの民家に数人で投宿していた。

 

Nkumbiさんが自ら事の顛末を語り、YouTubeにアップロードした動画によると、チェックアウトの日、Nkumbiさん一行は規定の時間を過ぎてもまだ家にいた。急いで退去の準備をしている最中に家主夫妻が帰宅。Nkumbiさんがまだ家にいることを知った妻は激怒し、「許せないわ。今すぐ荷物をまとめて出て行ってちょうだい」と言い渡したという。Nkumbiさんたちは平謝りしながら荷造りをしたが、そこに家主が怒髪天を衝く勢いで登場した。「今すぐ出て行け! 今だ!」と追い立てる家主に、Nkumbiさんが「なぜそこまで感情的になっているんですか? 私たちはもう失礼しますから」と言った途端、彼女は階段の方に押しやられ、足を踏み外して階下まで頭から一気に落下してしまった。焦った家主は救急車を呼び、Nkumbiさんは病院へ運ばれた。

 

家主は彼女たちを「You people(お前らみたいな連中)」と呼び、「女王様気取りは勘弁してくれ。ここはアフリカじゃないんだからな」と叫んでいたという。Nkumbiさんは、「どんな肌の色の人でも、これと同じことが自分に起こったら人種差別的な攻撃を受けたと解釈するでしょう。もし私たちが白人なら、きっと違う結末が待っていたと思います」と語る。

 

Airbnbは多様性(ダイバーシティ)を尊重しており、サイトには以下のような文言が掲げられている。

 

“Airbnbは「ビロンギング(つながる)」という見えない糸が会社の隅々まで通っています。「ダイバーシティ」はこの見えない糸を導く縫い針のようなもの。Airbnbでは職場、ゲスト、ホスト、プラットフォーム、世界のダイバーシティを尊重&推奨します。”

 

英Independent紙がAirbnbに取材したところ、この家主の男性の逮捕は確認されていないという。しかし、ダイバーシティ&ビロンギング担当ディレクターのデヴィッド・キングは、「誰ひとりとしてこのような扱いを受けるべきではないし、決して許されることではありません」とコメントしている。

 

関連タグ: