image

6月4日のマンチェスター追悼コンサートで歌うアリアナ・グランデ
(写真:WENN/アフロ)

 

5月22日、英マンチェスターにある「マンチェスター・アリーナ」でテロ事件が起こった。アリアナ・グランデのコンサートを狙った卑劣な犯行は、8歳の少女を含む22人の命を奪い、59人に怪我を負わせた。

 

あの衝撃から約2カ月。事件後に設立された「マンチェスターを愛してる・緊急基金(We Love Manchester Emergency Fund)」から、犠牲者の遺族に32万4,000ドル(約3,560万円)の見舞金が支払われることがわかった。

 

クラウドファンディングや、グランデが主催した慈善公演「One Love Manchester」で集まった寄付金の総額はおよそ2,450万ドル(約27億円)。遺族には既に9万ドル(約990万円)と、無料でカウンセリングを受けられる権利が贈呈されているが、今回はこれに続く第二弾の分配となる。基金の代表を務めるスー・マーフィーは、残りの寄付金の分配方法を検討しているという。