image

『フラーハウス』シーズン2より。右端がダシール兄弟演じるトミー・フラーJr.

写真:Everett Collection/アフロ

 

80年代から90年代にかけて放映された伝説的シットコム『フルハウス』のスピンオフ作品にあたる『フラーハウス』。本作にトミー・フラーJr.役で出演している2歳の双子が、1話あたり9,000ドル(約100万円)の出演料を受け取っていることがわかったとTMZが伝えている。

 

『フラーハウス』は2016年2月、Netflixで配信がスタート。今月22日からはシーズン3が配信される。2歳の双子フォックス・ダシールとメシット・ダシールはダブルキャストでトミー・フラーJr.役を務めており、シーズン1の出演料は各話9,000ドル。シーズン2ではこれが4%アップし、現在までに双子に支払われたギャランティーの総額は24万ドル(約2,682万円)に達しているという。

 

カリフォルニア州では、幼児の労働時間を厳しく規制するクーガン法が施行されている。このため、拘束時間の長い連続ドラマなどの撮影では、双子がダブルキャストで1人の幼児役を務めるケースが少なくない。『フルハウス』ではミシェル役に起用されたアシュレイ・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンが全世界で人気を博し、現在もなお彼女たちの注目度は高い。ダシール兄弟は第二のオルセン姉妹となるのだろうか。

関連タグ: