image

1979年の第51回アカデミー賞授賞式でクリストファー・リーヴと

(写真:AP/アフロ)

 

映画『スーパーマン』でヒロインのロイス・レイン役を務めたマーゴット・キダーが69歳で死去した。

 

キダーは1948年カナダ生まれ。1960年から女優として活動を始め、1978年の『スーパーマン』で世界的にその名を知られるようになった。クリストファー・リーヴ主演の『スーパーマン』4部作全てに出演し、キャリア面では大きな成功を収めるが、私生活は試練の連続だった。

 

1988年に双極性障害であると診断されるも、医師の診断を疑い症状を抑えるリチウムの服用を拒否。後年、キダーはPEOOLE誌のインタビューで「躁状態にある人に、自分は間違っているとシンジさせるのは本当に難しいのよ。睡眠欲が全くなくなって、頭の中はいろいろな考えでいっぱいになるの」と当時を振り返っている。

 

1996年、コンピュータウイルスによってマシンのデータが消えるというアクシデントが起こる。キダーはコンピュータのスペシャリストに会うためにロサンゼルスへ飛び、空港ではすれ違う人々に「あんたたちが私を見てるのはわかってるんだ!」と叫んでいた。彼女には全ての人が暗殺者に見えたのだそうだ。自分のコンピュータには、世界を変えてしまうような秘密が隠されていると確信していたキダーは、「CIAとトーマス・マクゲイン(最初の夫)が自分の命を狙っている」という妄想に取り憑かれていたと後日語っている。

 

ロサンゼルスでは所持金がほとんどなく、口座から金を引き出そうとするも、ATMが爆発するのではないかと勘ぐり、結局野宿をすることに。翌朝はホームレスの男性がダンボールハウスに招いてくれ、そこで風雨をしのいだという。

 

キダーは誰にも言わずに家を飛び出したため、家族は彼女が失踪したと思い必死にその行方を追っていた。やがて警察に保護されると、手錠をかけられた状態で病院に搬送された。そこでようやく、彼女は自分の病気を受け入れることができたという。