image

車いすに乗ったサマンサ・マークル

(写真:Splash/アフロ)

 

19日(現地時間)にヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚式を控え、英国はお祝いムードに沸いているが、その陰ではスキャンダルを狙うパパラッチとマークル家の攻防が激化している。メーガンの異母姉で、暴露本を出すなど何かとお騒がせなサマンサ・マークル(53)が、パパラッチとの小競り合いが原因で足首を折ったとTMZが報じた。

 

サマンサはボーイフレンドのマークという男性とフロリダをドライブ中、写真を撮ろうとするパパラッチに遭遇。マークが語ったところによると、料金所付近で車の正面に回り込んできたパパラッチを避けようと急いでハンドルを切り、コンクリートの縁石に衝突、サマンサはフロントガラスにぶつかり、フロアマットに崩れ落ちたという。この時、サマンサの足首は後ろ向きにねじれていたとか。

 

この後、2人はERに直行し、サマンサは手当を受けた。

 

数日前にはメーガンとサマンサの父トーマス・マークルが、悪印象を払拭すべく、いそいそと結婚式に向けて準備する様子を捉えた“やらせ写真”を業者に撮らせていたことが発覚。さらに心臓の手術を受けることになるなど、マークル家はトラブル続きだ。手術は無事に成功したと報道されているが、結婚式への出席は難しいだろう。