ニコラス・ケイジがテリー・ツワイゴフ監督最新作『ロスト・メロディ』に出演するための交渉中だ。ニコラスは同インディードラマ作品で主人公を演じるために交渉を重ねているという。売春婦と恋に落ちた主人公の男が不仲の妻から逃れるために奮闘するというストーリーだ。

 

『クラム』『ルーイー・ブルーイー』といったドキュメンタリー作品で名高いテリーだが、『ゴーストワールド』『バッドサンタ』などのブラック・コメディ作品にも定評がある。テリーがメリッサ・アクセルロッドと共同で脚本も手掛ける本作は、エドワード・R・プレスマンがプロデュースを、アンソニー・スカラムッチが製作総指揮を担当する予定だ。

 

最近ではドリーム・ワークスによるアニメ作品『ザ・クルッズ』で声優として参加したニコラスだが、次回作はスコット・ウォーカー監督の新作スリラー『ザ・フローズン・グラウンド』となる。

関連タグ: