アリシア・シルヴァーストーンがビーガンである母親たちに母乳を提供するサービス「カインド・ママ・ミルク・シェア」をスタートさせた。夫クリストファー・ジャレッキとの間に2歳の息子ベア・ブルー君を持つアリシアは、ベジタリアンの中でもさらに卵や乳製品など動物由来の食品を一切とらない主義のビーガンであることから自分の赤ちゃんのために十分な量の母乳が出ない母親たちを助けようと、今回このサービスを立ち上げたという。

 

アリシアは自身のブログthekindlife.comに「数週間前に知り合いの女性が男の子を生んだの。それで彼女は近況をメールで知らせてくれたんだけど、ママとして無我夢中で子育て奮闘中みたいなの。息子が健康でハッピーでいられるように、あらゆることをしてあげようって頑張ってるわ。妊娠中の時から環境や動物にも優しくて健康的な食事をとるようにしていて、自宅出産で生んだの。それで赤ちゃんが『もう、いらない』って言うくらい大きくなるまで自分で母乳をあげる準備をしていたのよ」「でも彼女は乳房縮小手術を受けたために、授乳に必要な量のお乳が出ないってことが分かったんですって。授乳の時のあの特別なスキンシップがとっても貴重だっていうのに。それで彼女は地元のコミュニティーに母乳を分けてくれないかドナーミルクの問い合わせをしたんだけど、その提供者がどんな食生活を送ってきたかを判別することは不可能に近いってことが分かったの」と経緯を説明している。

関連タグ: