ベネディクト・カンバーバッチ。何?この長くて変わった名前。そして長くて個性的な顔。えーと、どうしてこの人がこんなに人気なの?その気持ち、わかりますわかります。みんな最初はそうなんです!

 

1976年生まれの37歳。BBCドラマ『SHERLOCK/シャーロック』で現代に生きるシャーロック・ホームズを演じ大ブレイク。「英国の至宝」とたたえられ、映画のオファー殺到中、今世界でもっとも旬な俳優。映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のプロモーションで来日したベネディクト・カンバーバッチ=通称「ベネさん」に、ベネさん大好きな記者が3日間徹底密着、その魅力を再確認してきました!

 

スクリーンの中では高い演技力で観客を圧倒。超高学歴――名門パブリックスクール・ハーロー校、マンチェスター大学出身――でとってもクレバー、そしてとってもジェントルな、まさに英国紳士の彼。それだけでも十分魅力的なんだけど、知れば知るほど、真の魅力は別のところにあるのではないか、と思うわけです。

 

たとえば、どの会見でも繰り広げられる、とどまるところを知らずに着地点も見えないマシンガントーク。「Oh!しゃべりすぎだよね」と反省した2秒後にまたしゃべりだし、「あ、またしゃべりすぎちゃった!……そのエンドレスループに、いつの間にか取材陣も大笑い(通訳さんの“マシンガンメモ”に拍手!)

 

またファン、共演者、映画関係者、そして記者への感謝と賛辞。こんなに手を合わせお辞儀するハリウッド俳優は見たことがない。ちょっと天然で、育ちのよさがにじんでいて、幸せオーラ全開な“素”のベネさんは「愛らしい」の一言!どうして37歳の実力派俳優がこんなにかわいく思えるのか。それは、つねにファンを裏切らない「ギャップ萌え」があるからでしょう。ほら……アナタもだんだん……。