image

和太鼓を使ったパフォーマンスが話題のイマジン・ドラゴンズが初来日!完売の貴重なチケットを手にしたファンと大合唱!



「U2の再来」の呼び声も高く、デビュー・アルバムは全米で100万枚突破と、全世界が大注目のUS出身のバンド、イマジン・ラゴンズが初来日を果たした。



イマジン・ドラゴンズは、ラスヴェガスで2008年に結成された4人組ロック・バンド。メンバーの3人がバークリー音楽大学出身で、ライヴで和太鼓やドラムを使ったパフォーマンスを行うことが魅力の一つ。



23日に渋谷タワーレコードで行われたクリエイティブマンとタワーレコードによるイベント「UPPERCUT」に出演した彼らは小さなステージに所狭しと並べられた和太鼓や大ドラムを全身全でパフォーマンス。

現在ビルボードHot100で4位の「レディオ・アクティブ」は、4人全員が太鼓をたたき、観客を魅了。「美しい国、そして控えめで丁寧な人たち。日本へ行く事はバンドを結成した4年前からの夢だった。」とボーカルのダンが涙ぐみながら、7月に発売となる日本デビュー・アルバムのボーナストラックに収録される「トーキョー」を披露。最後に米・大人気ドラマ「GLEE」に使用され、”今がその時”と背中を押してくれる応援歌「イッツ・タイム」のイントロが流れ出すと、会場中が大合唱。



「バンドを始めてから、小さなプラスや前進がある度に『これでまた日本へ行ける事に1歩近づけた!』とみんなで言い合ってきたんだ。」とライブ終了後に話してくれた彼ら。和太鼓を使用したり、トーキョー」という楽曲を制作し、曲中で「キミ タノシム」という日本語を歌ったりと「二ッポン大好き」な彼らは、7月17日に日本デビュー・アルバム『ナイト・ヴィジョンズ』をリリース。8月に東京/大阪で行われるサマーソニック2013出演のため、再来日を果たす。







リリース情報:

イマジン・ドラゴンズ「ナイト・ヴィジョンズ」

輸入盤発売中/日本盤 7月17日発売 UICS-1268 スペシャル・プライス 1,980(税込) 





【イマジン・ドラゴンズ バイオグラフィー】

2008年結成。ラスヴェガスをベースに活動する4人組。バンド名はメンバーが思いついた言葉をアナグラム(綴り換え語)にしたもの。地元ラスヴェガスでの活動を精力的に続け、EPを3枚発表した後にインタースコープと契約。メジャー・デビュー曲となる”イッツ・タイム”は全米中のラジオでの驚異的なオンエアと大人気ドラマ「GLEEシーズン4」のプレミアで使用されるという大抜擢等で大ヒットを記録し、プラチナム・ディスクに認定。そのシングルを受けてのデビュー・アルバム「ナイト・ヴィジョンズ」は全米初登場2位&オルタナティヴ・アルバム・チャート初登場1位を記録、新人ロック・バンドとしてのアルバム初週売り上げ記録を2006年5月以来に更新するという記録を打ち立てた。その後も和太鼓を使ったライヴ・パフォーマンスも高い評価を受け、数多くのテレビ番組や映画、CMで楽曲が使用されていくことになった。2013年に入ってイギリスでもリリースされこちらも初途上2位を記録。そんなまさに「2012年最も成功を収めた米新人ロック・バンドのひとつ」が遂に日本上陸!