image

グラミー賞主要2部門を含む4部門にノミネートされた17才のロードとは?

2013年、ニュージーランドから彗星のごとく現れ、全米・全英チャートで1位を獲得した17才の歌姫をご存じだろうか?

純度100%の“最新型ラグジュアリー・ポップ”を歌うロード。

彼女の本名はエラ・イェリッチ・オコナー。ニュージーランドのオークランド出身の17才。12才の時に地元のコンテストに出演したのをきっかけに、13才でレコード契約を果たす。彼女の母は有名な詩人であり、幼いころからT.S.エリオットやアレン・ギンズバーグ、レイモンド・カーヴァーのような詩人や作家から文学知識を身につけていった。17才の考えを代表する、よくあるありふれたものではなく、ロードの音楽はフラストレーションと自由、好奇心と自信、そして10代の人生における感覚を、ユニークな方法で捉えていた。

地元での1位獲得に続き全米でもデビューを果たし、シングル「イヤルズ」は7/20付の全米シングル・チャートで90位に初登場する。「ゴージャスな暮らしよりも大切なものは何?」と、17才の少女が問いかけるメッセージはじわじわと広がり、とうとう10/12付の全米チャートで1位を獲得。その後も、レディー・ガガ、ケイティー・ペリー、エミネムなどの超ビッグ・アーティストの新譜がリリースになる中でも9週連続1位を達成している。ちなみに、ニュージーランドのソロ・アーティストで全米シングルチャートの1位に輝いたのは彼女が初めてであり、女性アーティストとしての2013年の最長1位記録になる。さらにこのシングル「ロイヤルズ」は、全英チャートでも初登場1位を獲得、世界40カ国のiTunesで1位(84の国及び地域でTOP 10!入り)を果たす という世界規模でのブレイクを果たした。

カーリー・レイ・ジェプセンが“ロードの音楽に夢中なの。16才だなんて、本当に素晴らしいわ” と絶賛、同世代の女優クロエ・グレース・モレッツもファンを公言、またエ ルトン・ジョンのような大御所も“全米大ヒット中の曲「ロイヤルズ」は彼女の声とドラムマシーンをベースにした曲で、そのシンプルさが美しいんだ。それは、ある意味レディー・ガガの進むべき方向性でもある”と賛辞を贈るなど、彼女の才能は様々なアーティストやプレスからも高く評価されてきたが、このグラミー賞のノミネートで、ここ日本でもますます注目が集まることは間違いないだろう。

ロードは、『第56回グラミー賞』で年間最優秀レコード、年間最優秀楽曲の主要2部門と、最優秀ポップパフォーマンス(ソロ)、最優秀ポップアルバム(ヴォーカル)の4部門でノミーネート。授賞式は、2014年1月26日にロサンゼルスのStaples Centerで開催 される。待望の日本デビュー・アルバム『ピュア・ヒロイン』は2月19日発売予定となっている。

【LINK】
オフィシャルサイト → lorde.jp
ロード「ロイヤルズ」ミュージック・ビデオ → http://youtu.be/nlcIKh6sBtc

【リリース情報】
アルバム『ピュア・ヒロイン/ PURE HEROINE』
輸入盤CD好評発売中
日本盤CD 2014年2月19日発売
UICO-1262 2,300(税込)

(CD収録曲)
1.Tennis Court テニス・コート
2.400 Lux 400ルクス
3.Royals ロイヤルズ ・・・全米・全英NO.1シングル!
4.Ribs リブズ
5.Buzzcut Season バズカット・シーズン
6.Team チーム
7.Glory And Gore グローリー・アンド・ゴア
8.Still Sane スティル・セイン
9.White Teeth Teens ホワイト・ティース・ティーンズ
10.A World Alone ア・ワールド・アローン
*日本盤にはボーナス・トラック収録予定。


【デジタル・リリース情報】
アルバム『ピュア・ヒロイン』好評配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/pure-heroine/id686537022


シングル「ロイヤルズ」配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/royals/id686537022?i=686537246


【ロード バイオグラフィ】
本名:エラ・イェリッチ・オコナー。
ニュージーランドのオークランド出身の17才。13才でレコード・レーベルと契約。昨年、地元ニュージーランドで発表した「The Love Club」のヒットをきっかけに世界デビューへ。シングル 「ロイヤルズ」は7/20付けの全米チャートに初登場。口コミで広かったヒット曲は10/12付けの全米チャートで1位に到達。

関連タグ: