image

昨年9月に発売されたデビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』が全米初登場1位にランクインし、ここ日本においても同アルバムで今年2月デビュー後、大ヒット中のキュートな実力派歌姫=アリアナ・グランデ。

早くも8/27にリリースとなるセカンド・アルバム『マイ・エヴリシング』の日本盤ボーナス・トラックに、世界を代表するヴァイオリニスト、葉加瀬太郎さんとの

コラボレーション楽曲が収録されることが決定。本日、配信サイトでの配信が開始となり、早速iTunesトップソングにて1位を獲得した。

コラボレーションした楽曲は、彼女の代表作である「ベイビー・アイ」(デビューアルバムに収録)。

 

コラボのきっかけは、葉加瀬太郎さんのお嬢さんが以前からアリアナ・グランデの大ファンであったこと。お嬢さんが常に聴いていたアリアナの楽曲に葉加瀬さん自身も耳を傾けたことによって自身も彼女の魅力にひきこまれていったそうで、2014年1月に行われたアリアナ・グランデ初来日ショウケースで両者の初対面が実現。ずっと聴いていたセリーヌ・ディオンの「To Love You More」のヴァイ オリニストが葉加瀬さんであることを知ったアリアナ・グランデは大感激。スタッフを通じて葉加瀬太郎さん×アリアナ・グランデのコラボレーションのお話を提案し、今回のコラボが実現した。葉加瀬さんはアリアナの歌唱力について、「マライア、ホイットニー、そしてセリーヌのような歌姫を今まで生で聴いてきましたが、「ああ、次の世代はこうなるのか!」と思いました。この年になって毎朝練習したほど、とても刺激の強い1曲でございました。」とコメント。アリアナも「「ベイビー・アイ」がこんな風にバイオリンの音が合うと思っていなかったから、想定外だったわ!とても光栄に思っているわ。最高の気分よ。」とコメントをしている。

 

オリジナル楽曲に葉加瀬さんが奏でる壮大で、躍動感ある、そしてアグレッシヴな中にも包み込むような大きな優しさを感じ取ることが出来るヴァイオリンの音色をたっぷり注ぎ、新たな作品として生まれ変わっている。

 

セカンドアルバム『マイ・エヴリシング』には、全米、全英を含む63以上の国と地域のiTunesで1位を獲得したニュー・シングル「プロブレム feat. イギ―・アゼリア」や、EDM界のプリンス=ゼッドが 手掛ける「ブレイク・フリー feat. ゼッド」、また、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズがアリアナの為に書いた「ジャスト・ア・リトル・ビット・オブ・ユア・ハート」というラヴ・ソング、そして今回の葉加瀬さんとのコラボレーションの収録されるとあって、リリース前から話題を集めている。

 

【商品情報】

アリアナ・グランデ

2nd ALBUM『マイ・エヴリシング』(原題:MY EVERYTHING)

2014年8月27日発売!

<日本独自企画!デラックス盤>【CD+DVD】:UICU-1254 ¥3,100+税

<通常盤>【CD】UICU-1255 ¥2,200+税

 

◆iTunesにて予約注文受付中!

https://itunes.apple.com/jp/album/my-everything/id894764366

予約すると「プロブレム feat. イギ―・アゼリア」「ブレイク・フリー feat. ゼッド」「ベイビー・アイ feat. 葉加瀬太郎」をその場でダウンロードできます。