ヴィンス・ヴォーン (写真:ZUMA Press/アフロ)

経済誌『Forbes』で「コストパフォーマンスの良い俳優」1位に選ばれたこともあるコメディ俳優ヴィンス・ヴォーン(48)が、飲酒運転で逮捕されていたことわかった。TMZなど米国の複数のメディアが報じている。

 

米国時間11日午前0時半頃、ヴォーンの運転する車がロサンゼルスのハモサビーチで行われていた飲酒検問で停められた。車外に出てくるよう命じられたが、ヴォーンと同乗者の男性は非協力的な態度で降車を拒否。そのため、ヴォーンは飲酒運転と公務執行妨害で、同乗者も公然酩酊罪で逮捕された。2人は保釈金を払い、すぐに釈放されている。

 

ヴォーンばコメディ作品では独特の存在感を持つ俳優として知られ、『ウェディング・クラッシャーズ』(2005)や『フォー・クリスマス』(2008)などを大ヒットに導いた。日本ではハリウッド製のコメディ映画は多くがビデオスルーされてしまうため知名度はさほど高くないが、あちらでは大スターだ。

 

『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』(2006)では、共演したジェニファー・アニストンと交際に発展し、結婚を囁かれるまでになっていた。2010年に不動産業を営むカイラ・ウェイバーと結婚、一男一女に恵まれた。今回の逮捕にあたっては、妻のカイラが夫の身元を引き受けに警察署を訪れたところを、パパラッチにキャッチされている。