在りし日のケイト・スペード (写真:AP/アフロ)

 

今月5日、55歳で自らの命を絶ったケイト・スペード。突然の訃報は世界中を駆け巡り、彼女の作り出したバッグに魅せられた人々がその死を悼んだ。葬儀は彼女の故郷であるミズーリ州カンザスシティで現地時間21日に行われたが、その前日にスペードの父親も他界していたことがわかった。

 

「ケイティの父、アール・F・ブロスナンJr.が昨夜、89歳で死去しました」

 

遺族は朝のトークショー「Good Morning America」に、このような声明を発表した。ブロスナンは近年体調を崩して療養中であったが、最愛の娘に先立たれたショックで悲嘆に暮れていたという。

 

ブロスナンは海軍出身で、除隊後は建築業界で働いていた。最初の妻との間に、スペードを含む6人の子どもをもうけた後に離婚。1992年に再婚した現在の妻が最期を看取った。