MTVビデオ・ミュージック・アワードに登場したマドンナ(写真:AFP/アフロ)

米国時間20日夜に行われたMTVビデオ・ミュージック・アワードでは、過日この世を去ったソウルの女王、アレサ・フランクリンを追悼する時間が設けられた。そこに登場したマドンナの言動が「あまりに自分本位だ」との誹りを受けている。

 

歌うフランクリンの写真をバックに、ステージへと進んだマドンナは「アレサ・ルイズ・フランクリンは私の人生の航路を変えました」とモノローグをスタート。そこからは18歳のときに35ドルだけを持ってダンサーを目指しデトロイトを出たこと、辛い下積み時代の思い出など、蕩々と自分語りを続けた。

 

そして大切なオーディションに楽譜を忘れてしまったときのエピソードに突入。「幸いなことに、私の好きなアルバムの1つが、アレサ・フランクリンの『レディ・ソウル』でした。私の口から「あなたは私を、ありのままの女でいさせてくれる」という言葉が滑り出してきました。そう、アレサ・フランクリンの歌詞です」と、ようやくこれがアレサ・フランクリンを追悼するためのステージだったことを観客に思い出させた。

 

しかし、話のスポットライトはマドンナ本人から動かない。オーディションには落ちたがプロデューサーが自分に秘められた才能を見出してくれ、パリに渡った過去をしみじみと語るマドンナ。そして長い自分語りの最後に、ようやく彼女の死を悼む言葉が発せられた。

 

「どれもこれも、私たちのソウルの女王がいなければ起こりえないことでした。彼女は私を今日の私自身へと導き、ここにいる多くの人々に計り知れない影響を与えました。ソウルの女王、万歳!」

 

たったこれだけだった。フランクリンの歴史を振り返るわけでも、偉大なる業績を紹介するわけでもない。彼女の長いモノローグは、要約するならば「私がブレイクするきっかけを作ってくれてありがとう」といったところだ。

 

アレサ・フランクリンを追悼する場で、壮大な自分史の披露に終始してしまったマドンナに、Twitterでは「冒涜だ」「失礼にもほどがある」と非難の声が集中した。

 

また、マドンナとMTVや観客の会話を創作するツイートも多く見られ、大喜利状態となっている。一例を紹介しよう。

 

MTV「アレサ・フランクリンへの追悼をお願いします」
マドンナ「いいわね。あれは私のキャリアが始まったとき……」
MTV「いやいや、アレサの追悼です」
マドンナ「だから私言ったのよ、『ビッチ、アイムマドンナ』ってね」
MTV「あんたのことじゃないって」
マドンナ「見てよ私のアフリカンジュエリー」