(写真:Shutterstock/アフロ)

 

NBAマイアミ・ヒート所属のスター選手ドウェイン・ウェイド(36)が、Instagramで、妻ガブリエル・ユニオン(46)との間に第一子が生まれたことを発表した。

 

「眠れないし、どうかしちゃってる感じだけど、この報告ができて本当にエキサイトしているよ。僕らの奇跡の赤ちゃんが昨日、代理母によって誕生したんだ。11月7日という日は、これまでの良い日々の中でも最高に素晴らしい日として、永遠に僕らの心に刻みつけられるだろう。パーティへようこそ、かわいいお嬢さん!」

 

ウェイドは、2014年に女優のガブリエル・ユニオンと結婚。10歳の年の差婚だった。2人は結婚当初から不妊治療に取り組んでいたが、なかなか努力は結実せず、ユニオンは8〜9回もの流産を経験したという。彼女は著書の中で「3年間、私は妊娠しようとする囚人だった。体外受精のスケジュールにがんじがらめにされているのだ」と綴っていた。

 

そんな辛い日々を経て、2人は代理母による出産を選択。ついに待望の我が子に対面する日がやってきたのだ。

 

ウェイドは2002年に高校時代から付き合っていた女性と結婚し、2人の息子をもうけたが、2007年に離婚。親権をめぐって裁判となったが、ウェイドが単独親権を勝ち取った。ウェイドは甥も1人引き取って養育している。5人のステップファミリーに待ちに待った女の子が加入し、ウェイド家はさらに賑やかになりそうだ。

関連タグ: