住宅街に迫る火の手(11月9日)(写真:AP/アフロ)

 

米カリフォルニア州の3カ所で発生した山火事は未だ鎮火の目処が立たず、日本時間12日正午までに31人が死亡、6700戸もの建造物が焼失。CNNによると、およそ25万人の住民が避難を余儀なくされているという。炎の脅威は多くの著名人が居を構える高級住宅地マリブにも迫り、SNSでセレブリティたちが被害状況を報告するケースが増えている。

 

「ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪」で大ブレイクしたシンガーのロビン・シックの自宅は焼け落ちてしまったようだ。現在妊娠中の恋人エイプリル・ラヴ・ギアリーもInstagramに黒焦げの木が倒れ込んだ自宅ゲートの写真を「私たちの家がダメになってしまった」と泣き顔の絵文字付きでアップしている。

 

「残念だけど、私の家は助かりませんでした」と炎に包まれる自宅の写真をInstagramに投稿したのは、リアリティショーで人気のカミール・グラマーだ。消防士たちの決死の活躍で、自家用車や貴重品は救い出すことができたという。

 

俳優のジェラルド・バトラーはTwitterで、焼け落ちて外枠だけになった自宅と車の写真を公開。「避難先から、マリブの自宅に帰ってきた。カリフォルニア全土が辛い時を迎えている。消防士の皆さんの勇気、精神、貢献に心打たれた。ありがとう、ロサンゼルス消防署」と、泣き言は一切言わず、消防隊に感謝を述べた。

 

映画監督のギレルモ・デル・トロは、自宅に残したコレクションが心配でたまらないようだ。ブリーク・ハウスと名付けられた彼の家は、SFやホラー作品の人形、小道具、蔵書などで埋め尽くされ、まるで博物館そのもの。2年前にはロサンゼルス・カウティ美術館でそのコレクションを展示する「ギレルモ・デル・トロ:アット・ホーム・ウィズ・モンスターズ」展が開催されたほどだ。避難後も、ブリーク・ハウスの安否を確かめに戻っては、大切なノートや写真と本が入ったスーツケースなどを救出している。日本時間12日早朝にはTwitterで、多少の煙害はあるものの、ブリークハウスは無事だと報告。「それを聞いてほっとしました」「不幸中の奇跡ですね」「あなたが無事で本当によかった」とファンは胸をなで下ろしている。

 

レディー・ガガはInstagramで自宅が煙に包まれる中、避難するため荷造りをする様子を収めたビデオを公開。『ビバリーヒルズ高校白書』シリーズのトリ・スペリングとジェニー・ガースも家族皆で避難したようだ。その他、カーダシアン一家のキムとコートニー、イギー・アゼリア、アリッサ・ミラノ、シェール、リアム・ペイン、マーク・ハミルといった有名人が避難している。

 

トランプ大統領は今回の火災について、「毎年何十億ドルとつぎ込んでいるのに、多くの人命が犠牲になっている。これは森林管理があまりにも不十分だった結果だ」と管理局の非を鳴らし、「すぐに対処しないと政府は予算を出さない」とTwitterで警告。これに対し、SNSでは「あまりにも心ない発言」「消防士への侮辱だ」などと反感が強まっている。