膨大なポルノコレクションを捨てられた男性、両親を提訴

訴訟大国アメリカでは家族を訴えることも珍しくない。しかし、先日ある男性(40)が両親に対し提起した訴訟の理由があまりにも情けないと話題となっている。ミシガン州のニュースサイトWILX10が伝えた。

 

この男性は2016年、離婚をきっかけにミシガン州の実家に出戻り、家賃を払うかわりに家事をして暮らしていた。10カ月後には追い出されてインディアナ州に引っ越したが、その際に実家から私物を入れて送ってもらった箱がいくつか紛失していることに気が付いた。男性が両親にその旨を伝えると、ポルノビデオやアダルトグッズが詰まったダンボール箱14個を廃棄したと告げられたという。

 

男性は激怒し弁護士のもとへと駆け込み、両親を相手取って訴訟を起こした。訴状によると、捨てられたコレクションには28,000ドル(約313万円)以上の価値があり、買い戻すには40,000ドル(約447万円)はかかると主張。さらに損害賠償を上乗せして87,000ドル(約974万円)の支払いを求めている。

 

訴状にはその大切なコレクションの内訳も記載されており、400本を超えるVHSテープ、1,600枚以上のDVD、160枚以上のCD-ROM、さらに70個超のアダルトグッズが含まれていた。

 

男性はメールで「もし、父さんと母さんがが僕の持ち物に問題があると考えたのなら、その時に直接言うべきだった。そうすれば目の届かないところに隔離したはずだ。でも、あなたたちは黙って悪意のある行動に出た」と抗議。これに対して父親は「信じてくれないかもしれないが、私がお前のポルノを捨てたのは、お前自身の精神上の健康のためだった。もしクラックコカインを1キロ見つけていても同じようにしただろう。いつか、理解してくれることを願っている」と返信したという。

 

実は、この訴訟は犯罪性も事件性も皆無であることから、これまで二度にわたり検察に棄却されている。しかし男性は諦めず、つい先日三度目の訴訟提起を行った。

 

Twitterでは、「40,000ドル! すごいコレクションなんだろうね(笑)」「どうしようもない負け犬だな」「誰か、インターネットというものがあるって彼に教えてあげて」と嘲笑の的になっている。

関連カテゴリー:
関連タグ: