ハリケーン「ドリアン」直撃バハマで、迷い犬97頭保護した女性
バハマで迷い犬の飼い主を探すボランティア(写真:AP/アフロ)

過去最大勢力となったカテゴリー5のハリケーン「ドリアン」がカリブ海のバハマ諸島を直撃し、壊滅的な被害をもたらした。こういった自然災害が起こると、避難しそびれたペットや、居場所を失った野良犬が多数迷い出て問題となるが、そんな犬たちを97匹も保護したチェラ・フィリップスさんという女性が話題となっている。

 

フィリップスさんは路上をうろついていた犬を片端から保護して自宅に連れ帰り、Facebookにたくさんの犬が自宅内にひしめく写真を投稿。

 

「私の家には97匹の犬がいて、そのうち79匹は主寝室にいます。昨晩からうんちとおしっこされまくりでしっちゃかめっちゃかだけど、ベッドは尊重してくれているのか、誰も飛び乗っていません。玄関にはバリケードを作り、外には誰もいない状態。家の中は音楽が流れ、犬たちはエアコンの風を浴びています」と、保護犬たちが安全な環境にいることを報告した。

 

NBCの取材に対し、フィリップスさんは「みんな良い子ですが、私はとにかく休むことなく掃除をしています」と苦笑い。島には65,000頭もの野良犬がおり、虐待を受けたり、お腹をすかせて病気になったりしている現状を訴えながら、「97匹なんてほんの一部。この雨粒のひとしずくみたいなものです」と語る。彼女と兄弟は誰の助けも借りずに保護犬の世話をしているが、週に1,000ドル以上かかるドッグフード代をまかなうためクラウドファンディングサイトやペイパルで寄付をお願いしているという。また、彼女は犬を引き受けてくれる島外の里親を募集している。「この子たちを路上に戻したくはありません。そんなひどい環境にいるべきではないのです。どうか助けてください。里親になって、お家へ連れて帰ってあげてください」と懇願する。

 

寄付を呼びかけた「FundRazr」には、目標額の2万ドル(約212万円)をはるかに上回る17万ドル(1,800万円)が集まった。

関連カテゴリー: