コロナ病棟で殺人事件 酸素ボンベで82歳が殴り殺される
(写真:ロイター/アフロ) 画像を見る

新型コロナウイルスの感染者数が累計200万人を超えた米カリフォルニア州。医療体制の逼迫が深刻化しているが、コロナ患者の病室で事件が起こってしまった。

 

ABC7によると、先週、アンテロープ・バレー病院のコロナ患者専用の2人部屋で、ジェシー・マルティネス(37)が同室の82歳の男性患者を医療用酸素ボンベで殴りつけた。ロサンゼルス郡保安官事務所によると、マルティネスは被害者が病室で祈りを捧げ始めた時に激昂して凶行に及んだという。被害者は翌日死亡した。マルティネスは憎悪及び高齢者虐待による殺人の罪で逮捕、起訴された。被害者はヒスパニック系だったことがわかっている。

 

マルティネスと被害者は、お互いに面識はなかったという。

関連カテゴリー: