ロンドン塔の“カラスの女王”が姿くらます
レイヴンマスターとカラス(2005年撮影)(写真:Shutterstock/アフロ) 画像を見る

英ロンドン・テムズ川沿いにそびえる要塞「ロンドン塔」から、“女王”が消えた。   ロンドン塔では常にワタリガラスが数羽飼育されており、カラスの世話は「レイヴンマスター」という役職を与えられた衛兵が行う。カラスたちが全て去ってしまうと要塞も王国も滅びるという伝説がある。BBCによると、2007年に塔へやってきたメルリナという名のメスのカラスが数週間ほ...

関連カテゴリー: